人気の銀行カードローンはパートOK!選び方のポイントとは?


カードローンに申し込みをする時の条件として、安定した収入がある事という項目があります。

この場合一般的には、正社員である事をイメージしますが、銀行系のカードローンは、パートやバイトでも、安定した収入があれば申し込みできます。

これは雇用形態よりも、毎月安定した収入がある事を重視しているからです。

■パートでも申し込みOKな銀行系のカードローン

パート

カードローンに申し込みをする時の条件として、「安定した収入がある事」というのは、お金を借りてもきちんと返せるかどうかの判断材料になります。

パートの場合は正社員に比べて収入が少ないイメージがありますが、決まったシフトで働いていれば、毎月収入があるので、これは安定した収入とみなされます。

逆に収入は多いが、不安定な個人事業主の方が、カードローンの審査では「安定した収入」として見た場合不利になる事があります。

カードローン会社による違いはありますが、パートやアルバイト、派遣社員でも毎月一定の安定した収入があれば、カードローンに申し込めるようになっています。

ただしパートでも申し込み後に審査はありますし、在籍確認なども行います。

以前はパートやアルバイトは、収入が安定しないというイメージが強かったのですが、仕事内容や職種によっては、正社員の人よりも多く稼いでいるパートはたくさんいます。

カードローンに申し込む時は、雇用形態はあまり関係なくなってきています。

■パートでも条件はあるので注意

女子

銀行系カードローンの多くが、パートやアルバイト、派遣社員でも安定した収入があればカードローンの申込ができますし、実際に審査に通過し、カードローンを利用している人はたくさんいます。

ただしパートでカードローンに申し込む場合は、いくつか条件があります。

正社員でもすぐに辞めてしまい転職を繰り返すような人は、収入が安定しないとみなされます。

これはパートも同じで、勤続年数が長いほど信用度は高くなり、勤続年数が短いほど信用度は低くなりがちです。

パートの場合は勤続年数が1年以上から、安定した収入と認めてもらいやすくなります。

パートの場合は収入も限られるので、カードローンの申し込みや利用が認められても、利用限度額が低く設定される事があります。

最近の銀行系カードローンは、パートにも融資をしてくれるところが増えていますが、年収をはるかに超えるような借り入れはできません。

銀行系のカードローンは、主体が銀行のため、総量規制の対象ではありませんが、既に他社から借り入れがある場合、その金額によっては利用できない事があります。

このため申し込み条件には、パートでもOKと書いてあっても、審査を行い他社からの借り入れが多いと、審査で落とされる可能性があります。

現在はパートをしている人でも、過去のカードローン利用で返済が滞ったり、債務整理をしたりした過去が発覚すれば、この場合もカードローンの利用はできません。

■主婦のパートでもカードローンの利用ができる?

主婦

パートやアルバイトでもカードローンに申し込めるのは、独身の人というイメージがあります。

主婦でもパートをしていれば、金額は少なくても毎月安定した収入があればカードローンに申し込めます。

ただし主婦のパートの場合は、利用限度額が限られます。

なぜ主婦でもパートならカードローンに申し込みが認められているかというと、主婦なら配偶者がいますから、配偶者の収入を世帯年収として、主婦でもパートをしていれば、安定した収入があるとみなしてもらえるのです。

主婦が配偶者である夫の収入を前提にカードローンに申し込みをする際、希望する利用限度額によっても対応が変わってきます。

これはカードローン会社による違いもありますが、MAXが30万円までと決まっている事が多いです。

中には50万円を上限にしているところもありますが、基本的に主婦がパートをしてその収入でカードローンの利用をする場合、借りすぎてしまうと、月々の返済金額が増え返せなくなる可能性があるからです。

世帯年収をベースに考える場合、希望する利用限度額が多くなると、配偶者の収入証明書を提出するように求められます。

決められた範囲内での利用なら、収入証明書は必要ありませんが、それを超えるような場合は、収入証明書が必要となります。

収入証明書が必要になると、夫の会社に収入証明書の依頼をしますので、カードローンの利用が夫にバレてしまいます。

隠しておきたい、夫には知られたくないという場合は、利用限度額を低めにしておけば安心です。

銀行系のカードローンは、パートでも申し込みや利用を認めていますが、選ぶなら金利が低いところを選んでください。

銀行系のカードローンは、消費者金融系のカードローンに比べて金利が安いです。

これも銀行系カードローン人気の理由となっています。

ただし同じ銀行系のカードローンでも金利はそれぞれに異なりますのでできるだけ、金利が低いところを探すのがおすすめです。







同じカテゴリーの最新の記事