三井住友銀行カードローンの魅力は?web完結でらくらく契約OK


日本全国に支店やATMを持っているため、絶対的な利用のしやすさがありますし、大手銀行という看板があるので、多くの人が安心して契約・利用ができるカードローンと言っても過言ではないのが、三井住友銀行のカードローンです。

三井住友銀行のカードローンは契約のしやすさや利用のしやすさといったメリットがすぐに挙げられるカードローンですが、具体的などのような商品内容になっており、具体的にはどのような点が契約しやすい点で、どのような点が利用しやすい点なのでしょうか。

<三井住友銀行カードローンの基本情報>

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~年14.5%であり、契約極度額は最高で800万円までとなっています。

申し込みができるのは、満20歳以上69歳以下で毎月安定した収入が収入がある人、とされています。

なお適用される金利は契約極度額は連動していて、契約極度額が高額になるに従って金利はどんどん低くなる仕組みとなっています。

例えば契約極度額が100万円以下の場合は金利は年12.0%?年14.5%に間で決められますし、契約極度額が700万円超~800万円以下であれば金利は年4.0%~年4.5%の間で決められることとなっています。

<申込方法について>

女子

パソコンやスマートフォンを利用して申し込むWeb申込の他、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)申込、電話申込、店頭申込、郵送申込、さらに銀行カードローンとしては珍しい自動契約機からの申込が可能となっています。

なおSMBCダイレクトから申込を行った場合、審査もスピーディーで、来店不要で利用可能となっています。

またSMBCダイレクトから申込をした場合には本人確認書類の提出を省いて契約ができます。

また自動契約機から申込を行った場合にはその場でローンカードを発行してもらうことができるので、自動契約機申込を行った場合でも人と顔を合わせずに借り入れを行うことができます。

<借入について>

ATM

借入は、ATMを利用した借入・SMBCダイレクトを利用した借入・自動融資サービスでの借入、という3つの方法で行うことができます。

ATMを利用する場合、三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できるのはもちろん、大手コンビニに設置されているATMやゆうちょ銀行のATMから手数料無料で借入を行うこともできます。

SMBCダイレクトを利用して借り入れを行う場合には、インターネットから手続きを行うことで、自身の口座に振込をしてもらうことができるので、どこにいても手早く借り入れができるという利点があります。

なお、利用するためには三井住友銀行の普通預金口座を開設している必要があり、カードローン口座のみ契約している場合には利用できないという点に注意が必要です。

自動融資サービスはカードローンの返済用口座として三井住友銀行の普通預金口座を指定している場合に受けることができるサービスで、公共料金などの自動引き落としを行った時普通預金口座の残高が不足してしまった場合に不足分を自動的に融資してくれるサービスとなっています。

三井住友銀行の普通預金口座を生活用口座として利用しており、幾つも自動引き落とし設定をしている人には以上にありがたいサービスだと言えますね。

<まとめ>

女子

三井住友銀行のカードローンは、webが24時間365日申し込みができますし、契約方法や条件によっては本人確認書類も提出不要かつ来店不要で契約することができます。

またSMBCダイレクトや三井住友銀行の普通預金口座と連動させて利用することでより利便性が高まるので、すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている人やSMBCダイレクトを契約している人には特に強く利用をお奨めします。







同じカテゴリーの最新の記事