イオン銀行カードローンの特徴って!?パート・アルバイトでも契約できるの?


インターネットを通じて手軽に契約申込ができたり、お得な商品設計の金融商品が多いということで近年インターネット銀行が急速に広がりをみせています。

最も有名なインターネット銀行の一行がイオングループのネット銀行サービスであるイオン銀行であり、イオン銀行では預金商品はもちろん、多くの銀行が主要なローン商品としてサービス展開をしているカードローンについても便利でお得な商品設計となっています。

イオン銀行のカードローン商品である、カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか。

<カードローンの基本要項>

カードローンの金利は年3.8%~13.8%であり(2016年10月1日現在)、契約極度額は最大で800万円までとなっています。

申込は原則パソコンやスマートフォンからインターネット申し込みを行うことになっていて、申込時点でイオン銀行に口座を持っていなくてもカードローン契約までに口座開設をすることで契約が可能となっています。

14時までに申込を行えば原則として当日中に審査連絡をもらうことができますし、契約申込をする時点ですでにイオン銀行に口座を持っている人であれば、最短で当日中に借り入れを行うことも可能です。

カードローンは申込から契約までを全てインターネット手続きで済ませることができますし、契約に必要な書類についてもWEB上にアップロードすることで提出できるので、自宅に居ながら全ての手続を済ませることができます。

なお契約極度額が300万円までの申し込みであれば収入証明書の提出は不問なので、手間を最小限に抑えて契約したいとお考えであれば、極度額を300万円までとして申し込みをすることをおすすめします。

<申込対象者について>

会社

イオン銀行の普通預金口座を持っていること、日本国内に在住していること、満20歳以上満65歳未満であること、毎月安定した収入があること、保証会社の保証を受けられること、これら全ての条件を満たす人がカードローンの申込対象者となっています。

正社員はもちろん、パートやアルバイトでも申し込みができます。

しかしカードローンは、たとえアルバイトをしていて安定した収入がある場合でも学生の申込には対応していないので、こちらも合わせて注意が必要です。

<借入と返済について>

ATM

借入方法については、インターネットから申込をしてイオン銀行の普通預金口座もしくは他行の本人宛口座へ振り込みをして貰う方法、専用・提携ATMからカードを使って借り入れる方法があります。

振込みによるキャッシングをする場合にはイオン銀行口座への振込が絶対的におすすめとなります。

手数料がかからない上に24時間いつでも普通預金口座への振替が可能なので、急いでお金を借りたい時に非常に役立つ借入方法だといえるでしょう。

またATMから借り入れを行う場合には、イオン銀行ATMの他に全国の主要なコンビニに設置されているATMから借り入れができます。

但し注意していただい点として、利用するカードによっては提携金融機関ATMが利用できないという点が挙げられます。

カードローンの専用カードであればイオン銀行ATM・提携金融機関ATM共に利用可能ですが、イオンカードセレクトやイオンバンクカードの場合、イオン銀行ATMからしかカードローン取引ができなくなっているので、利用する前にはしっかり心に留めておきましょう。

続いて返済についてですが、原則はイオン銀行の普通預金口座からの自動引き落としによる返済となります。

毎月の約定返済日は7日に設定されており、毎月の返済金額は利用残高が3000円超~10万円以下の場合は1000円となっているので、無理なく返済ができることでしょう。

もちろん、インターネットやATMから手続きをして任意返済を行うこともできます。

<まとめ>

女子

イオン銀行のカードローンは、パートやアルバイトでも申し込みができますし、最短で即日融資にも対応している、申し込みやすく利用しやすいカードローンです。

またネット銀行のカードローンということでお得な商品設計となっていますし、来店不要で申し込みができるので、初めてカードローン契約をしようと考えている人にもおすすめのカードローンとなります。







同じカテゴリーの最新の記事