銀行系カードローンと消費者金融系を徹底比較!借りるなら?


一般的に審査がゆるく、ATMなどから気軽に借りることが出来るといわれるカードローンは、多くの銀行や消費者金融が独自のサービスを展開しています。

そのためカードローンは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンに分けることが出来るのですが、それぞれのカードローンにはどんな特徴があるのでしょうか。

限度額に注目

カード

銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンは、それぞれ銀行と消費者金融で提供されているカードローンの事を指します。

それぞれ違った特徴を持っていますが、特に大きな違いとして挙げられることが多いので、それぞれの限度額の違いです。

銀行系カードローンは、限度額が消費者金融系よりも高く設定されていることが多く、返済能力があると審査に通れば、かなりの額のローンを組むことが出来ます。

それに対して消費者金融系カードローンは、限度額が銀行系よりも低く設定されていることが多いので、希望する金額を借りることが出来ないことがあります。

更に銀行系と消費者金融系の限度額に大きな差をつける原因となるのが、消費者金融に定められた総量規制と呼ばれる制度です。

総量規制は年収の3分の1以上の金額を消費者金融で借りてはいけないというルールで、これにより限度額が高く設定されていたとしても、借りた方の年収の3分の1をオーバーした金額は、どうやっても借りることが出来ません。

複数の消費者系カードローンを使っていた場合も、借りている総合計を確認されることになるので、借りたい金額と自身の収入には気を配るようにしましょう。

限度額が高いとされている銀行系カードローンですが、限度額が高く設定されるということは、返済する額も当然高くなります。

そのため確実に返済できるよう、限度額は厳しく制限されることになるので、自身の収入では返済するのが難しいと思われる額を借りることは、銀行系カードローンを使っても難しいです。

あくまで自分の手元のお金とあわせて使うものとして考え、無理なく返済できる額だけを借りるようにしましょう。

審査は厳しい?甘い?

お金

カードローンは一般的に審査が甘いといわれていますが、それでも銀行系カードローンと消費者系カードローンの審査を比べてみると、銀行系カードローンのほうが審査は厳しいといわれています。

利用する銀行によって審査基準は異なりますが、少なくとも正社員として同じ職場で3年~5年は働いておかないと、安定した収入を得ていると証明出来ないといわれているので、アルバイトやパートといった非正規雇用として働いている方や、働き始めて間もないという方は、審査に通ることが出来ない可能性が高いです。

中には主婦が借りられるカードローンという触れ込みの商品もありますが、こちらも夫が安定した収入を得ているなどの条件が必要となるので、誰もが借りられるというわけではないということは覚えておきましょう。

消費者金融系カードローンは、限度額が低いなどの欠点こそありますが、審査基準は銀行系カードローンよりもはるかに甘いといわれています。

多くのカードローンは正社員として働いていなくても、アルバイトやパートとしてある程度の期間、働いていれば、返済能力があると判断されます。

商品の中には学生でも借りられるカードローンなどもあり、銀行系よりも多くの方がカードローンを利用することができます。

カードローンの審査は限度額がどれだけになるかにも影響します。

消費者系カードローンの場合は、限度額の増額についても比較的容易に行うことが出来、カードローンの返済実績が数回あり、債務トラブルを起こしていないといった条件を満たしていれば、問題なく限度額を上げる事が出来ます。

それに対して銀行系カードローンは基準が厳しく指定されているので、消費者金融系と同じ感覚で限度額を増やそうとしても、審査に通らないことも多いので、ある程度の実績を積み、無理なく返済できる収入を得ていると確信できてから審査を申し込むようにしましょう。

自分に合うローンを探す

女子

銀行系カードローンと消費者金融系ローンは、それぞれ限度額の差や審査の甘さなど、様々な違いが存在します。

いずれも一長一短あるといえるので、どちらのローンを利用するかは、自分に合うかどうか冷静に確認したうえで選ぶようにしましょう。

例えば銀行系ローンを利用したいのであれば、正社員として長い間働いているとともに、過去にローンや公共料金の未払いがあるかなど、返済能力が疑われる要素がまったく無い状態で無いと借りることは出来ないので、それらの条件を全て満たしていると確信できるなら、銀行系カードローンを利用したほうがよいでしょう。

逆に消費者金融系カードローンなら、正社員として働いていなかったり、過去に債務トラブルを起こしていても、非正規雇用として収入を得ていたり、既に全て債務を解消しているなら、審査に受かりやすいカードローンはたくさんあります。

こうした自分が置かれた状況を元にローンを選べば、その後の返済が楽になったり、借りるまでの期間を短くすることも出来るでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事