ろうきんカードローン「マイプラン」は低金利で審査も早い


「働く者の味方」、「皆のろうきん」など数々のキャッチフレーズで有名なろうきんですが、貯蓄や振込、自動振替などばかりでなく、カードローンを提供していることをご存知でしょうか。

一部組合員だけのものと思われているかもしれませんが、一般の労働者にも門戸を広げてくれています。

ろうきんの特徴やカードローンの概要について紹介しましょう。

ろうきんとは

女子

CMでもよく耳にする「ろうきん」は、金融機関である労働金庫の名称が短縮された通称であり、全国に13あります。

労働金庫は、営利を目的とする民間の金融機関とは異なり非営利の機関であるとされています。

労働組合、生活協同組合の働く仲間が相互扶助を目的として資金を出資して設立した協同組織の金融機関であり、労働金庫法に基づく「はたらく人の金融機関」として運営されているのです。

各労働金庫が管轄する地域に所在、居住しているか、在勤している場合に利用することができ、当初は会員である各組合等またはその構成員であることが利用の条件となっていましたが、現在では一般の勤労者も個人として利用することができるようになりました。

また、預金や為替などの一般的な取引は組合員でなくても利用することができます。

今では、地域で働く労働者の強い味方というイメージがすっかり定着しています。

会員の生活全般の向上を金融の面から指させるという目的があり、組合員にとっては、民間の金融機関と比べるとワンランク上のサービスが受けられるといえるでしょう。

全国にある13のろうきんは、全国労働金庫協会を構成していますが、それぞれ独自の経営方針やサービスを打ち出しており、全国共通のカードローン「マイプラン」があるものの、地域によって金利の設定に大きな違いがみられます。

また、地域の特性を生かした独自のカードローンの提供もみられます。

中央労働金庫と近畿労働金庫のマイプランの概要

電卓

中央労働金庫は、東京都を中心として、ほか7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨)を管轄しています。

金利は保証料込みの変動金利となっており、団体会員の組合員は3.875%~7.075%、生協会員の組合員および同一生計家族は4.055%~7.255%、それ以外の一般勤労者は5.275%~8.475%となっています。

労働金庫にカードローン以外に住宅ローンや給与振込、または公共料金の口座振替などの契約がある場合は、その取引内容によって金利の引き下げがあります。

融資限度額は、所属会員により異なりますが、最高500万円、団体会員の組合員・生協会員の組合員および同一生計家族以外の方は最高100万円となっています。

近畿労働金庫は、近畿地方の京都府、大阪府のほか4県(滋賀・奈良・和歌山・兵庫)を管轄しています。

金利は保証料込の変動金利となっており、会員組合員は6.150~8.550%、生協会員組合員は6.330~8.730%、それ以外の一般勤労者は、6.550~8.950%となっています。

金利引き下げ制度(マイプランパック)を適用しており、給与振込指定やインターネットバンキングなどで取引がある場合、最大2.40%の引き下げがあります。

融資限度額は、所属労働組合によって異なりますが、会員組合員は10万円~500万円、生協組合員は10万円~300万円、それ以外の一般勤労者は10万円~300万円となっています。

中央労働金庫及び近畿労働金庫ともに、カードローンに申し込みには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

まず年齢が満18歳から65歳未満であることです。

18歳からとなっていますが、未成年の場合は親権者に同意書がなければ借りられません。

そして、同じ勤務先で1年以上働いていて、安定した収入があることも必要です。

具体的には、前年度の税込み収入が150万円以上となります。

そのほか、保証期間が定めている保証基準についても満たしていなければなりません。

中央労働金庫と近畿労働金庫のマイプランの相違点

女子

2つの共通のカードローン「マイプラン」の共通点として、ローン申込者条件の他に、オンラインで仮申し込みができること、資金使途が事業資金・投資目的以外は自由であること、担保・保証人は不要である保証会社として中央労働金庫(近畿労働金庫)から指定される保証協会が入ること、返済については、利用限度額に応じた定例返済額となり、毎月5千円~7万円、別途ボーナス返済も併用方式もあること、融資期間は1年毎自動更新であること、(近畿労働金庫については、満70歳で貸越中止、満76歳までに完済要)、利用限度額の範囲内なら何度でも借入・返済が自由であること、提携先金融機関・ゆうちょ銀行・セブン銀行・コンビニのATM・CD機を利用して引き出す際の手数料がその場で全額還元されること、など数々の共通点があります。

マイプランカードの提示により、提携業者のさまざまなサービスが受けられる点も同じです。

また、インターネットやモバイルバンキング、電話を使って財形貯蓄などの預金を普通預金へと資金移動して引き出せるようにしたり、残高を確認したりすることができます。

しかしながら、融資限度額や金利の設定、金利が適用となる対象者などの異なる点もみられるため、お住まいの地域を管轄するろうきんの利用案内をきちんと確認することが大切だといえるでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事