じぶん銀行カードローンとはどんな商品なのかカンタンに解説!


手軽さや操作性、セキュリティなどのメリットが多く、ネット銀行の勢いが衰えることがありません。

「じぶん銀行」というとあまり耳に馴染みがないかもしれませんがきっと、知って得することがあるでしょう。

じぶん銀行カードローンとは

女子

じぶん銀行は、「スマートフォンがあなたの窓口」をキャッチフレーズとしており、「じぶん」というネーミングもとてもユニークかつキャッチーで集客率を上げています。

キャッチフレーズのように、24時間365日、スマートフォンとアプリがあれば、残高照会や入出金照会、振込などの取引だけでなく、電子マネーのチャージやATMロックなどのセキュリティまで、さまざまな用途に利用することができます。

ログインの際に、キャッシュカードに記載されている番号を入力する必要がないので、手間が省けるとともにセキュリティの面でも安心です。

自分の携帯番号のみで送金などができ、この便利さが「じぶん銀行」の所以となっているのでしょう。

また、auユーザーなら限定割として、初めてであっても「誰でもコース」なら年金利0.1%、「借り換えコース」なら年金利0.5%の優遇を継続的に受けられるという特典があり、大きな魅力となっています。

カードローン申し込みの際の本人確認書類は画像データを送るだけなのでスマホの写メで十分間に合い、キャッチフレーズの通り、スマートフォンを窓口として全てが完結できるというのも大きなメリットといえるでしょう。

じぶん銀行カードローンの申し込みについて

女子

じぶん銀行のカードローンは、契約時の年齢が満20歳以上70歳未満で、安定継続した収入があれば、申し込むことができます。

特にシニアの方の年齢制限が高く、日々働いておられる高齢者の方にとって広く門戸が開けられているといえるでしょう。

残る条件は、保証会社であるアコム(株)の保証を受けられることだけとなっているので、要件が厳しいとはいえません。

借入限度額は800万円となっており、使途は事業性資金を除き、自由に選択することができます。

気になる金利は年2.4%~17.5%の変動金利となっており、審査内容によって利用者の金利が設定されることとなります。

申し込みについては、全てオンラインで行うようになっています。

まずインターネットでフォームに入力して申し込みをします。

その後、審査があり結果通知を受信すると本人確認書類を画像データとして送信できます。

初回の利用は口座への入金となります。

auユーザーであるか、じぶん銀行に口座を持っているかなどで申し込みページが異なっており、場合によっては本人確認が不要となって手続きが早く終わったり、逆に時間がかかってしまったりすることがあります。

初めて口座を開設する方は、審査が終了して少し時間がかかる場合もあるでしょう。

じぶん銀行カードローンの返済について

ATM

設定された金利により、返済額は利用者によって異なります。

借入利率が9%以下の場合、9%を超えて13%以下の場合、13%を超える場合で1,000円~3,000円程度の差があります。

30万円を借り入れた場合、各回の返済額が3,000円~6,000円と幅があるものとなるのです。

じぶん銀行カードローンでは、まとめや借り換えをメリットとしていますが、どういうことなのでしょうか。

たとえば、A社に金利17.5%で50万円を借り入れて月々の返済額が15,000円、B社に金利14.8%で100万円を借り入れて月々の返済額が30,000円で毎月の返済額合計が45,000円ある状態だとする場合、じぶん銀行のカードローンを使って金利11.5%で150万円を借り入れすると月々の返済額が23,000円となり、22,000円も負担が軽くなる計算になります。

借入先が複数あると、異なる返済期日ごとにお金を準備しなくてはならなくてはならず、手間がかかってしまいますが、ひとつにまとめることでスッキリとできるとともに返済額が減ります。

また、借り換えでも、金利が低いため毎月の返済額を減らすことができます。

返済方法については、じぶん銀行の口座からなら自動引き落としでの返済が可能です。

返済期日が指定されていないので、利用者本人の都合で期日指定ができるのも魅力です。

また、給与振込などで使用しているメインバンクからじぶん銀行へ自動振替してくれるサービスもあるので手間が省けます。

さらに、もっと手軽にATMを使って返済することもできます。

何かと立ち寄ることの多い最寄りのコンビニで返済や借入ができるうえ、手数料が無料となるのでとてもお得です。







同じカテゴリーの最新の記事