セブン銀行のカードローンの限度額は?新規から増額までの流れ


セブン銀行では、普通預金や定期預金、ネット決済サービス、海外送金サービス、口座振替サービス、nanacoポイントサービス、ローンサービスを展開しています。

急な出費がかさみ、生活費がピンチという時は、ローンサービスが便利です。

セブン銀行のカードローン利用条件

ATM

セブン銀行のカードローンは、口座開設者が対象となるので、まずはセブン銀行に口座を開設しますが、カードローンの申し込み時に、同時に口座開設にも申し込めます。

申し込みをすれば口座開設はほとんどの人が可能ですが、カードローンに関しては審査があるので、誰でも利用できるとは限りません。

カードローンに申し込みをするというのは、見方を変えると借金をする事ですから、出来るだけ人に知られたくない、申し込みの時も出来るだけ対面ではなくこっそり申込みたいと思う人は少なくありません。

こういう場合もセブン銀行のカードローンは、全てWEB上で手続きができるので便利です。

審査結果もWEB上ですぐに確認できます。

個人差がありますが最短10分で結果が出て、審査結果はログインすれば確認できます。

ログイン後、契約手続き画面に進み必要事項を入力します。

ただし審査結果によっては、セブン銀行のローンサービスが利用できない人もいます。

なぜ審査に落ちたのかは非公開となっているため、教えてもらう事ができません。

既に他社から借り入れがあると、その金額によっては新たなカードローンの申し込みができない事がります。

これは年収の3分の1以上の借り入れができないという、総量規制という法律によって決まっている事です。

既に他社からの借り入れが、年収の3分の1を超えている場合は、新たな借り入れができませんので審査に落ちる可能性は高いです。

この場合利用していないカードローンでも、借入可能な枠を持っているとカウントされるので、利用しないカードローンは解約しておくなど注意が必要です。

セブン銀行のカードローン限度額

お金

カードローンには会社によって利用限度額が違います。

これについてはカードローン会社が設定している利用限度額の他に、利用者の年収による利用限度額もあるので、皆が同じではありません。

セブン銀行のカードローンに申し込む場合は、ダイレクトバンキングサービスからの申し込みとなります。

利用限度額に関しては、契約時に10万円、30万円のどちらかで契約できますが、新たに口座を開設した場合は、キャッシュカードが手元に届いてから利用できるようになります。

カードが手元に届くのは、1週間から2週間ほどかかります。

セブン銀行でローンサービスに申し込む場合は、10万円から30万円、30万円から50万円に増額する事ができます。

ただし利用限度額のMAXは50万円までとなり、これは全ての人に共通しています。

また、増額申請ができるのは、新規契約から2ヶ月以上経過してからという条件があるので、2ヶ月に満たない場合は増額できません。

利用限度額については、その人の年収などにより決まりますので、初回契約時に利用限度額50万円に申し込んでも、必ずしもそうなるとは限りません。

この場合は実績を積んで、その後増額の申請をして、改めて手続きをします。

新規から増額への流れ

女子

セブン銀行のカードローンに申し込みをして、増額したい場合は、MAX50万円まで増額ができます。

ただし増額申請ができるのは、カードローンの新規契約をしてから2ヶ月後、という条件があります。


さらに増額申請をした場合も、新規契約の時と同じように審査が行われます。

増額を希望できるのは、10万円から30万円、30万円から50万円となりますが、新規契約から2ヶ月以上経過していても、収入などの条件により希望額に増額できない事があります。

また既にカードローンを利用しており、2ヶ月の間に返済が滞るような場合は、増額してもらえない可能性もあります。

増額申請にも審査がありますので、2ヶ月間経過していれば誰でも無条件で増額してもらえるわけではありません。

ちなみにセブン銀行のローンサービスを利用する場合、利用限度額によって月々の返済金額は変わってきます。

限度額10万円の場合は月々5,000円ずつ、限度額30万円と50万円の場合は月々1万円ずつの返済になります。

限度額を増やす場合は、月々の返済金額も増えるので覚えておいてください。

月々の返済額を減らす事は出来ませんが、返済額を増やす事はできますし、一括で返済してもOKです。

こうする事で返済回数が減り、その分利息をカットできます。

利用限度額が多くなれば、いざという時借りられる金額も多くて安心ですが、その分返済期間が長くなり、利息も増えていきます。

やむを得ず多く借りた場合は、利息も高くなってしまうので、できるだけ返せる時に多めに返して、変死回数を減らしておくと、結果的に利息も減りおトクになります。

月々返済していき、残りが後数万円になったら、思い切って一括返済してしまうのもいいかもしれません。







同じカテゴリーの最新の記事